仙台の空手道場 極真会館 本部直轄 仙台道場

黒帯、茶帯合同稽古レポート


 9月25日(土)に恒例の黒帯、茶帯合同稽古を行いました。
参加者は17人。中学生から女性、壮年の方までが稽古に臨みました。

 基本から行い参加者全員が号令をかけ突き蹴りを行い、すぐに移動稽古を行いました。複雑な動作は行わず、単調な動作の繰り返しをみっちり1時間行いました。

 この時点で道着はびしょびしょになっています。最後は鉄騎の型を動作の説明をしながら繰り返す事30分。ここで稽古は終了しました。
 約1時間30分の稽古で休みは数分間のみ、とにかく動き、声を出す、繰り出す突き、蹴りのみにしか意識が行かず他の事は考えられない。たまにはこんな稽古もいいとは思いますが、いかかでしょうか?
 苦しみの後は、楽しみも無ければいけません。希望者のみ東北最大の繁華街、国分町に繰り出し焼き肉やビールで乾杯。皆さん本当に良く食べて、飲みます。最近食べ過ぎ飲み過ぎで出入り禁止にならないか心配です。もちろんお酒で乱れる人は全くいませんのでご安心ください。

 今年の黒帯、茶帯の稽古は今回で終了致しましたが、来年も大勢の方が共に稽古できる事を期待しています。




このページのTOPへ