仙台の空手道場 極真会館 本部直轄 仙台道場

黒帯茶帯合同稽古レポート

 今年最後の茶帯、黒帯合同稽古を10月22日(土)に行った。年内最後なので稽古で汗をかき、締めくくりたかったが、どうしても審判講習会を行わざるを得ず、残念ではあるが稽古は行わず審判講習会を行った。


審判の資格は、新しく黒帯を取得した人が必ず資格を取得する事になっており、今回は2名の受審者が審判資格の取得をした。講習会に参加した他の人は、復習を兼ねて基本的な動作の反復を行った。空手の稽古と一緒で何度も行う事が技術の向上につながると思う。


今年は東日本大震災の影響で、3月の昇段審査、5月の救急救命講習、6月の内部試合が中止となり、大幅に予定が狂ってしまいましたが、来年は全ての行事を無事行えるように願っております。

このページのTOPへ