仙台の空手道場 極真会館 本部直轄 仙台道場

黒帯茶帯合同稽古レポート

 5月29日(土)に今年に入って2回目の黒帯、茶帯合同稽古を行いました。今回は稽古ではなく、毎年恒例になっている救命講習会を岩沼市消防署にて行いました。


 今回で3回目を迎え出席者も20人以上が集まり、約3時間にわたる実技講習を行いました。初めて参加の方も数名おりましたが、ほとんどが初回からの参加者で、心肺蘇生法、AEDの使用も消防署員の方からお褒めの言葉を頂く事が出来ました。空手と一緒で繰り返し行う事が必要だなと痛感致しました。恒例行事として来年も続けて行こうと思います。


 救命講習会終了後は、すぐそばにある岩沼分道場に移動し、今度は大会審判講習会を行いました。3月の審査で昇段した者は審判の試験を行い、それ以外の者は復習を兼ねて、入退場の仕方、試合の様に2人に選手のつもりで動いてもらいながら旗の振り方も行いました。意外と出来ている様で出来ていないところも多く、講習会を通して少しでも審判の足並みが揃えば試合進行にも大きくかかわってくると思いました。


 最後には近くの焼肉屋さんで、都合のつく方のみ食事会を行い今回の黒帯、茶帯合同稽古は終了致しました。


 次回は9月25日に開催予定です。今回参加出来なかった方は是非次回の参加を待っています。次回は仙台泉道場にて稽古を行います。


 最後になりますが、いつも大勢の皆様方にお集まりいただき有難うございます。この場を借りまして心からお礼申し上げます

このページのTOPへ