仙台の空手道場 極真会館 本部直轄 仙台道場

仙台道場 責任者 黒田都士 プロフィール

【 国際空手道連盟 極真会館 本部直轄
  仙台道場責任者 黒田都士 四段 】

・1986年(昭和61年)1月 極真会館入門。

・1989年(平成元年)4月 故大山倍達総裁の
 21期若獅子寮生として若獅子寮に入寮。

・1991年(平成3年)3月 初段取得。


・1992年(平成4年)3月 若獅子寮卒寮。二段取得。


・1998年(平成10年)3月 三段取得。

・2000年(平成12年)7月 本部直轄仙台道場・本部直轄岩手道場責任者として

 仙台市に着任。


・2006年(平成18年)3月、東京総本部での昇段審査を受審し、四段を取得。

・2008年(平成20年)7月、本部直轄岩手道場を後輩にお願いし、現在に至る。




仙台道場責任者 黒田都士からのメッセージ】


 現在本部直轄仙台道場では宮城県下七つの道場において、下は幼稚園児から

 女性または壮年の方までが、様々な目的で修行に励み、汗を流しております。

 稽古を通じて汗を流す事の大切さ、大きな声を出す事の爽快感、稽古終了後の

 充実感。何物にも代えがたい事を体験出来ると思います。

 各道場共に、指導員が時には厳しく、時には優しく、また丁寧に指導してくれます

 ので、安心して怖がらずに入門してみてください。

 皆様方と共に稽古できる事を楽しみにしております。




このページのTOPへ