仙台の空手道場 極真会館 本部直轄 仙台道場

41回全日本大会選抜試合


816日(日)宮城県武道館にて1121日、22日に開催される第41回全日本空手道選手権大会の選抜大会が行われた。参加人数は9名と少なかったものの、全日本大会出場にかける思いは一様に強く熱戦が続いた。


 昨年の東北大会チャンピオンの本間太選手と準優勝の鈴木健朗選手が実力を発揮し、順当に勝ち進んだ。優勝は本間選手、準優勝は鈴木選手に決まった。


当道場からは、昨年第40回全日本大会に初出場し、ウクライナの選手に健闘し惜敗した佐々木一壽選手が出場し、一回戦は技ありを含む優勢勝ちをし、二回戦には準優勝の鈴木選手に惜敗。三位決定戦では、再延長でフラフラになりながらも勝利への執念で判定勝ちを収め三位入賞し全日本大会への出場権を自力で掴んだ。


佐々木選手には秋の全日本大会の活躍を強く期待致します。また、当日お盆にもかかわらず応援に駆けつけて頂いた大勢の道場生の皆さん方にもお礼申し上げます。




このページのTOPへ